美容上で気になるほくろやいぼの治療についてお教えします

相場と診療方法

相談

ほくろを除去する治療には、健康保険を使った保険診療と、健康保険が使えない自由診療の2つがあります。保険診療を使えば、ほくろの除去にかかる施術費用、診察費用、軟膏や皮膚保護テープといった医療材料の費用の全てを3割負担もしくは1割負担で治療を受けることができます。しかし、保険診療が適応されない場合、ほくろ除去にかかる全ての治療費を負担しなくてはなりません。この文章だけを読むと、保険診療でほくろ除去したほうが費用を安く済ませることができるからお得だと思うかもしれませんが、実はそうではないこともあります。
例えば3割の保険診療が受けることができるバターンで考えてみましょう。保険診療を使ってほくろを治療した場合、初診料が1000円、手術後の診察料で1000円、ほくろの除去費用と材料費などで約30000円かかります。合計32000円ですが、保険診療を使えば3割負担なので、約9600円でほくろを除去することができます。
一方で、自由診療ではほくろを除去する費用を美容外科が自由に決めることができます。そのため、美容外科によってばらつきがあり、3000円から15000円程度の差があります。平均的な相場は5000円です。なんと、美容外科でほくろを治療すれば、場所を選べば3000円から5000円で除去することができるのです。この秘密はその治療方法にあります。
保険診療が適用されるほくろ除去の方法は、基本的にメス、電気メスを使った切除縫合方法と、パンチという組織をくり抜く方法の3つです。つまり、美容外科で採用されている炭酸ガスを使ったレーザー治療は保険診療に入っていないのです。上記にある保険診療の治療法には、麻酔や縫合する時の糸の材料費や、使用する器械の滅菌・洗浄といった手間がかかります。そのため、どうしても費用が高額になりがちです。しかし、炭酸ガスレーザーで使用するのは、レーザー照射時にレーザーの光で眼球を傷つけないように保護する眼帯くらいです。また、施術時間も、メスで切除する方法が30分から1時間掛かるのに対し、炭酸ガスレーザーは5分から10分程度で終わるので、コストパフォーマンスが良い治療法なのです。そのため、自由診療であっても、保険診療より安く費用を抑えることができます。
しかし、ほくろによっては炭酸ガスレーザーを使うことができないものもあります。それは、悪性の疑いがあるほくろです。つまり、ほくろがガンであった場合には、炭酸ガスレーザーではなく、メスで切除する方法で治療しなくてはなりません。また、たとえほくろががんであると断定できない場合であっても、ほくろの組織を一部取って病理検査をする場合にも、保険診療でメスを使って切除する方法が採用されます。
このように、ほくろにがんの疑いがあるのかどうかで、炭酸ガスレーザーが適用になるかどうか変わってくるので、注意が必要です。美容外科では、皮膚科の専門医がほくろの種類について正確に診断してから、治療方針を決定してくれるので安心して大丈夫ですよ。

Back to Top